首都大学東京 八王子 ドラッグストア

首都大学東京のある八王子市南大沢のドラッグストア・薬局事情とは?

首都大学東京のある八王子市南大沢のドラッグストア・薬局事情とは?

 

八王子市南大沢のドラッグストア・薬局事情

 

八王子市南大沢・松木の一帯は、1980年代にニュータウンとして開発され、そして年々生活環境が向上している評判の街です。

 

 

 

この一帯の人口は8000人弱のゆったりとした生活空間を確保したセレブチックな暮らしぶりですから、医療機関の充実度は周辺の地域よりも高いとされています。

 

 

 

実際に、腕の良い専門医の方々がクリニックを開業していて、近隣にある大病院・総合病院との連携プレーを密にしつつ、安心で信頼のおける医療活動を展開しているのです。

 

 

 

そして医療機関の活動には医薬品や市販薬の貢献が欠かせません。その点でも南大沢界隈では心配がないでしょう。南大沢駅周辺には、実に10店舗程のドラッグストアや薬局が営業をしています。

 

ドラッグストア

 

では、地域住民の方々が良く利用しているドラッグストアを紹介してみましょう。

 

 

 

まずは南大沢駅そば、内裏谷戸公園わきにある全国チェーンのドラッグストア・マツモトキヨシ南大沢店がおすすめです。

 

 

 

ここは夜中の11時まで営業をしていて、町内で下宿をしている首都大学東京の学生さんなどもよく利用しています。またマツモトキヨシ南大沢店は、薬だけでなく日用雑貨や加工食料品などの安売りでも有名で、近隣の方々はお買い物にも立ち寄っています。

 

 

 

他にもこの地域で評判のある全国チェーンのドラッグストアとして、中郷公園横のサンドラッグ南大沢店や調剤系のサンドラッグフォレスト南大沢調剤薬局もおすすめでしょう。

 

首都大学東京のある八王子市南大沢のドラッグストア・薬局事情とは?

 

この3店舗はそれぞれに目玉商品を厳選し、上手に買い物をする事で節約に貢献できます

 

薬局

 

また地元薬局としては、駅前のミネ薬局南大沢店を始め、太平公園わきにある精美堂薬局、そして住宅街で営業をしているマリン薬局・別所店や二番街調剤薬局やユキワ薬局など、街のかかりつけのクスリ屋さんも複数営業をしていて、地域住民に対して親身な健康ケアを行っています。

 

 

 

薬局には薬剤師さんが常駐していますから、自分のおくすり手帳を管理してもらい、薬の重複や無駄を回避する様にお願いする事も出来るのです。

 

 

 

特にご高齢世帯の場合は、こういった薬剤師さんのサポートは欠かせません。実際に南大沢界隈では有効なサポートがなされているメリットがあります。

 

 

 

この他にも地元の方々をしっかりと支えている町のクスリ屋さんが複数営業をしていますから、街全体を見渡しても問題となる空白地域が見つかりません。

 

 

 

この様に、南大沢界隈の薬局・ドラッグストア事情は至って良好だと言えるでしょう。(2017年現在)