首都大学東京 八王子 図書館

八王子市南大沢には首都大学東京と南フレスコに通いたくなる図書館があります

八王子市南大沢には首都大学東京と南フレスコに通いたくなる図書館があります

 

八王子市南大沢公共の図書館

 

八王子市の南大沢・松木に住んでいる方々は、よく公共の図書館を利用なさっています。その理由は、ここには落ち着いた環境でゆっくりと本が読める立派な図書館が2つもあるからです。

 

 

 

一つは南大沢液前の高層ビル・フレスコ南大沢内に設置されている南大沢図書館です。街の中心地にどっしりと置かれている図書館ですから、利用者のアクセスも便利になっています。

 

 

 

また近代的なフレスコ南大沢ビルは清潔で落ち着きのある環境をキープしています。正に読書をするには適したところだと言えるでしょう。

 

南大沢図書館

 

ここにはおよそ20万冊以上もの蔵書が収められていて、古い資料や書籍を探している方には実に重宝されています。

 

 

 

また地域への貢献度をアップするために、南大沢図書館では5万冊以上もの児童図書を貯蔵しています。この量は他の図書館ではなかなか見られません。学校帰りの子供たちが立ち寄って、好きな本を手に時間を過ごす憩いの場にもなっています。

 

八王子市南大沢には首都大学東京と南フレスコに通いたくなる図書館があります

 

それから小さなお子さん用の『お話の部屋』が設けられているのも特徴的でしょう。この部屋では、お子さん連れのお母さん・お父さんが子供にしっかりと本の読み聞かせをしている風景が見られます。実にほのぼのとしていて、家族で書物に親しんでいるシーンは幸せをも感じさせる程です。

 

 

 

また同ビルには生涯学習センターも設置されていて、高齢者の方々が独自の勉強に、調査に、資料調べにと通ってくる方もいます。

 

首都大学東京の図書館本館

 

そして松木には、首都大学東京の図書館本館があります。建物の外観は超近代的で、中は3階吹き抜けのロビーと各フロアーに設置された読書ブースが特徴です。

 

 

 

すりガラスで周囲の視界を遮断し、座り心地の良い椅子に広いテーブル、周りに影響されずに、たっぷりと本の世界へと入り込める環境がキープされています。ここで本を読んで時間を過ごすというだけでも十分にステイタスがあるのです。

 

 

 

この図書館は都民利用ができる事でも評判で、都内に在住または在勤の18歳以上(高校生不可)の方々の利用が可能です。ただし他の大学等に所属していない方を対象にしています。つまり南大沢界隈にお住まいの方ならば自由に利用できる図書館です。

 

 

 

この首都大学東京図書館・本館には約175万冊もの蔵書が収納されていて、学生さんの研究・学習はもちろん、各分野の専門書や文化・歴史に関係する様々な書物が閲覧できます。

 

 

 

また本だけでなく、多様な電子メディアへの対応がなされていて、文化的な時間を過ごしたい時には立ち寄りたい場所です。