首都大学東京 八王子 自然

八王子首都大学東京周辺は自然の宝庫

八王子首都大学東京周辺は自然の宝庫

 

里山の風景が再現された長池公園

 

東京アドレスなのに、自然が豊かで住みやすい町として人気の八王子。首都大学東京近辺も緑が多く、季節の変化を肌で感じることができます。

 

 

 

地元市民に愛されているのが「長池公園」です。春には梅や桜をめでるお花見客で大変にぎわっています。

 

 

 

多摩の丘陵地形を生かした自然保全型の公園となっていて、里山の風景が再現されています。この辺りはもともと農村でしたが、多摩ニュータウンの開発によって住宅地へと大きく変化を遂げました。

 

 

 

しかし当時からある農業用のため池や田んぼ、雑木林などを残しつつ、公園として整備されることとなりました。園内はとても広く、ゆっくり散策すると2,3時間はかかります。

 

八王子首都大学東京周辺は自然の宝庫

 

公園のシンボルとなっている長池見附橋は八王子の八十八景にも選ばれています。実はこの橋は日本橋と並んでとても歴史ある建造物で、大正2年、東京都四ツ谷駅直上に造られたものです。

 

 

 

文明開化の時代を垣間見ることのできる見附橋は、この地に移設、再建されることとなりました。この橋はドラマやCMの撮影にもよく使われているそうです。

 

 

 

公園の東には体験ゾーンとして炭焼き小屋や水田があり、実際に田植えや炭焼きを体験することができます。

 

自然に恵まれた散策スポットは他にもあります

 

公園内には遊具やスポーツ施設などはないので、自然の中でスポーツを楽しみたい人は、長池見附橋の向かい側にある「松木公園」に行くこともできます。ここにはテニスコートがたくさんあります。

 

 

 

散策スポットとしておすすめなのが、「せせらぎ緑道」という遊歩道です。長池公園の池から流れ出る小川に沿って整備された歩道で、歩きながらカモが餌を探しながら泳ぐ姿も見られ、ほっこりさせられます。

 

 

 

時には京王堀之内駅方面に向かって遊歩道をゆっくり散策してみるのも良いでしょう。せせらぎ緑道の周辺にも「別所公園」「蓮生寺公園」があります。

 

 

 

蓮生寺公園にはハイキングコースがあり、お散歩コースと多少のアップダウンのある探検コースから選ぶことができます。コナラやクヌギがたくさんあるので、秋にはどんぐりも拾えます。

 

 

 

多摩ニュータウンはスタジオジブリの映画「平成狸合戦ぽんぽこ」の舞台になった場所ですが、これは開発が進むこの街で都市化に抵抗する狸を描いた作品です。

 

 

 

実際多摩ニュータウンは急速に発展しましたが、里山の風景を残そうとする人々の努力によってたくさんの自然が守られてきました。この近辺を散策する時には、そんな歴史に思いをはせながら歩いてみてはいかがでしょうか。